• 勝部 一之

デザインを始めるあなたへ

デザインを始める。デザインを自分の生業とする。これからの時代を見据えれば、賢明な一つの選択かも知れません。近い将来、AIが台頭してきたら人間の仕事の大半は奪われると言われています。そんな中でもクリエイティブな仕事は残っていきます。いやむしろ益々重要になっていくでしょう。これからは既成概念を取り払い、新しい価値を生み出す考え方に変えていかなければなりません。創造的な人間が中心となり、それをAIやロボットがサポートをする。そんな時代は、すぐそこまで迫っていると感じています。


目指す方向は間違っていないけれど、プロのデザイナーになるには、それはそれでなかなか大変な事です。学校を卒業したからといって、社会に出てすぐに一人前のデザイナーとして扱ってくれるわけではありません。あくまでもデザイナーになるためのスタートラインに立っただけで、そこから長い鍛錬の日々が始まります。数年も経てば、志し半ばで大半の人が業界を去って行くのも現実として有ります。



デザイナーは専門職で、一般の人が持っていないデザインの技術や知識を身に付けて、それを報酬に変えて生きていく仕事です。どんな業界でもそうですが、今まで好きで自由にやっていたことを仕事としてやっていくことは容易いことではありません。でもその「好き」であることが、一つのことをやり続けるための大きな原動力になるんです。そしてあらゆることを乗り越えて行く情熱と努力を持っていれば、いつか必ず実現できるでしょう。そしてそこにはきっと素晴らしい景色が広がっています。


このブログで、長年携わってきたデザインの経験を通して、お役に立てる情報を少しでも皆さんにお伝えできたらと思っています。


#デザイナー #デザイナーになるには #デザイナーを目指す #クリエイティブ #これからの仕事