だしの素.jpg
シマヤ だしの素

シマヤの看板商品。約25年前のだしの素の初期の頃のデザインで、長期間販売されました。その後のだしの素のデザイン展開のベースになったものです。

デザインコンセプト

販売は主にスーパーで、煩雑な店頭でいかに注目を集め、記憶に残るデザインにしていくかが開発のポイントです。つまり飽きのこない普遍的なデザインでありながら、強いインパクトを持たせることを考えました。それには出来るだけ表現をシンプルにして強さを持つことが必要です。紺色と赤と白のコントラストがそれを表しています。

 
だし汁.jpg
シマヤ 料亭だし汁

出汁のシマヤと言われるくらい「だし」はブランドとなっています。このだし汁は液体だしの先駆的存在の商品です。

デザインコンセプト

高級なだし汁ですが、シマヤの世界観からいうとあまり高級になり過ぎてはいけませんので、そこに配慮しながらデザインしています。